Song/Lyric : Taisuke

Anniversary

丘から見渡す街並み 色づき始めた季節に戸惑った
二人で過ごした思い出 歩き出せない僕だけ残して

手と手 繋いで歩く いつの頃からだろう
気恥ずかしさで君のこと見れなくて

そんな僕のこと 誰よりも傍で見ていた
君だから ちゃんと分かってくれたね
いつでも いつまでも二人でいられますように
繋いだこの手は離さないよ きっと

空き地に作った秘密基地 必ずここにくれば君が待っていた
今でもひょっこり現れて 僕の肩をたたいてくれそうだな

いつか 離れ離れになっても 私のことを
忘れたりしないでねとつぶやいたから

君を抱き寄せた ずっと傍にいると誓った
今日はそう 二人だけの記念日
いつでも いつまでも二人でいられますように
繋いだこの手は離さないよ ずっと

瞳を閉じれば 君が傍にいる気がして
今日はそう 君が空に還った日
止まった あの日から止まったままの笑顔
想いは風にさらわれたまま ずっと

Copyright (C) Taisuke Official Website All Rights Reserved.