Song/Lyric : Taisuke

Song 4 U

僕らが傷つけ合ったことで君が
気に病んでいるなら 何も言うなよ
久しぶりに会った君の横顔には
ゴメンって書いてあった 僕もそうだろ?

自分勝手で『猛犬注意』な僕だけど
君と馬鹿をやって 笑って
100年先もそうさ

きっとサイコロの目はずっと前から僕と
君が出逢うことを示していた
君が坂の途中で 涙見せたら僕が
陽気に誘うから 早く呑みに行こう!

幼い頃一人ぼっちに慣れすぎて
誰にも本音見せない 嫌味な子供
家族にすら気を遣って疲れる日々が
僕の心は壊れたままで止まった

こんな僕を受け入れてくれる君と出逢い
いつしか僕のプライドになって
勇気をくれたね

いつか話した夢のその先には君と
僕の音楽が街を染める
そっと手を差し伸べて 遠い街まで行こう
君と一緒だったらどこまでも行ける

ずっと変わらないままでそのままで良いから
不器用に生きる君が良いんだ
君が迷子になったなら闇の中を
抜けて 抜けて そう
声が枯れるまで歌うから SONG 4 U

きっとサイコロの目はずっと前から僕と
君が出逢うことを示していた
君が坂の途中で 涙見せたら僕が
陽気に誘うから 早く呑みに行こう!

Copyright (C) Taisuke Official Website All Rights Reserved.