Song/Lyric : Taisuke

10月の雨

自分が思うほど 僕等はそう強くはないよ
君を抱きしめる度 空っぽになる
話し合いも喧嘩も 面倒だと知らん顔して
体重ねあうだけ まるでケダモノ

会いたい 会えない日が続いたら
君の街まで行こう
見たことのある 影が二つ
交差する唇は・・・

君のKiss 大人びていたね
僕の知らない表情で(知らない表情で)
僕だけが 取り残されて
心は独り歩き

10月の雨に舞う 君が生まれた事を祝う
言葉は意味を無くし 涙に変わる

強いアルコールに身を任せて
踊る足を止めたら
君のグラスに 愛の媚薬
隠し味にもならない

永遠を 誓い合って
拭えると思っていた
僕の背に まとわりついた
孤独という病を

壊れゆく 僕の中の
君を愛する気持ち
愛していた 本気の恋と
さよなら愛しい人

君のKiss 大人びていたね
僕の知らない表情で
僕だけが 取り残されて
心は独り歩き
さよなら愛しい人

Time to say good-bye, so... いつの間にか Cold... すれ違う二人の恋
Time to say good-bye, so... 抱き寄せて Hold... 心を繋ぎ止めて

Copyright (C) Taisuke Official Website All Rights Reserved.